HOME > ブログ > アーカイブ > 2016年5月

ブログ 2016年5月

「本来のきれいな髪を引き出す、修復プログラム 5」相模原 美容室 nao.


こんばんは♪

前回アップロードしたブログがなぜか途中で消えていました・・・(泣)
原因は不明ですが、すいません・・・(T_T)
upした4日後くらいに気づき、たった今、急ピッチで書き上げたので
是非ご覧いただければと思います(^^)♪



それではどうぞ♪♪







一回目は「ある程度カットしても大丈夫」との事でしたので
以下の通りに進めていきました♪




ここからは少し専門的ですがぜひご覧になってみてください(^^)♪




(ここから)




《全体の現状》

IMG_1730.jpg
・髪の毛自体は広がって多く見えますが
 実は毛量がかなり減らされており
 とても少ない状態です。



IMG_1731.jpg


IMG_1732.jpg


IMG_1734.jpg

・中途半端にカットすると広がりを出していた
 パーマの部分が取れ、フェイスラインに張り付くほど
 ボリュームがダウンしてしまいます。


 ボリュームがダウンすると人の目線は
 顔の横にある髪の毛ではなく、
 骨格自体(顔)に視線が集中してしまいます。

 =顔が強調され大きく見える原因となります。



 かといって傷んでいる部分がまだ残るため
 そこにボリュームを出すためのパーマはかけられない。


以上が今の現状です☆




《顔周りの施術》


そのため顔の横に、ある程度の厚み(ボリューム)を
確保するために、マッシュ気味でカット。
(マッシュ:丸みと重みのあるスタイル)




かなり上からレイヤーが入っているため
マッシュ気味に重めでカットしても
落ちてくる毛がなく、厚みが出にくいです。




耳より少し下の位置でローグラデーションを入れていく。
ローグラデーションのリフトアップする厚み(幅)は「1cm。」




この1センチの厚みを一気にリフトアップせず
横スライスで何回にも分けて少しずつリフトアップしながら
カットしていきます。
(リフトアップ:下から上へ上げながらカットする技法)




そうすることで1cmの厚みでも重厚な丸みを出し
毛量が少ない状態でも可能な限りの厚みを引き出すことができます。




そしてサイドにボリュームが出ることで
人の視線がボリュームのある髪の毛に集中する。
=「顔」から「髪へ」視線をそらせる。


IMG_1738.jpg





《後頭部の施術》




同じように後頭部の奥行きを出し
絶壁にならないようにする。
(サイドと同じ)




実際にボリュームを出すだけではなく
その下の部分をへこませることで
よりボリュームが出て見えるように施す。




 今後全体に生え揃ってきたら
ツーセクションを入れるのも良いと思います。
(ツーセクション:様々な考え方・使い方があるが
通常つなげてカットするところを
あえて長さの長短を付け、つなげずにカットすることで
通常では出ない「立体的な構造を出す」ことができる)






《前髪の施術》



ご来店時は
前髪をはっきりと作ってはいませんでした。
生え際にぱっくりと割れる生えぐせがあるので
サイドの髪の毛に同化させるような感じで、
一緒に分けていました。
(画像がなくてごめんなさい)

そうすると・・・
前髪は割れて、分け目がついている状態。
生え際が見えたり、分け目から地肌が見えている状態だと

・疲れて見えたり
・生活感が出てしまったり
・元気がなかったり

等々の印象になってしまいます。
もしそのような意識がなくても、
人は無意識にそう感じてしまっていることが
よくあります。


なので今回はその現状を変えるために
前髪を新設することにしました。



☆ここでいつも前髪が割れてしまう方へ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


大抵の場合、パックリ割れてしまうのは
生え際のみで、そこから奥は割れていないものです。
なので、割れている前髪の上に割れていない後ろの髪を
持ってきておろしてあげれば
割れているところは、カバーされます。

基本的に前髪の量を増やしてあげることも
大切です。それでもMAX奥行10cmくらいですね♪

そしてドライヤーでの乾かし方などでも
対処することができます。

こちらはまたの機会にお伝えしたいと思います☆


是非ご参考までに(^^)♪
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆





前髪もマッシュ気味でカットし
サイド、バック同様、横スライスで
厚みを出していく。




前髪で大切なのは、
サイドから見たとき。




おでこに張り付く感じではなく
張り付いても良いが、
前方に対して、丸みを帯びた状態で
張り出すことが大事です。




IMG_1739.jpg

上記の画像はカットした後ですが
これでは不十分なんです・・・(>_<)

理由は一見よさそうに見えますが
これはおでこに少し張り付きながら
かつ、端に行くにつれて前方に跳ねてしまう状態です。
上から持ってきたい髪の毛が
まだ短いので、このような状態になってしまいます。

サイドからの画像があればよくわかるのですが(なくてごめんなさい・・。)
このとき少し良くても、
根本的に治っていないため(構造が不十分)
時間が経つにつれ、より前方に跳ねてきます。
長持ちはせず、毎日跳ねるので、不快感が出てきます。

なので、これは伸びるのを待って少しずつカットしていくことにします。
(伸ばして切って、伸ばして切ってになるので少し期間がかかります。)







 (ここまで)




専門的なことで少し分かりにくかったかも
しれませんが、こんな感じで
進めていきました♪



この後シャンプーして仕上げになります♪

長くなりましたが最後までご覧いただき
ありがとうございました♪

それでは次回どのような仕上がりになったのか?
是非次回をお楽しみに(^^)♪

















 

「本来のきれいな髪を引き出す、修復プログラム 4」 相模原 美容室 nao.



1

« 2016年2月 | メインページ | アーカイブ | 2016年6月 »

このページのトップへ