HOME > ブログ > アーカイブ > 2016年11月

ブログ 2016年11月

「髪がまとまらない理由 その1 髪の毛の方向性」 相模原 美容室 nao.

今日は「髪がまとまらない理由 その1 方向性」を
お伝えしていこうと思います。
 
前回のブログで少しご説明しましたが、
(前回のブログhttp://www.nao-hasami.com/blog/entry/nao/)
「髪の毛自体に方向性がない状態は
360度どこへでも曲がってしまう」という
お話をさせていただきました。
 
 
髪がまとまらない理由の1つとして
真っ先に挙げられるのが「カット」です。
大半は「カット」により引き起こされていることが多いためです。
 
原因がカットなので、髪がまとまるようにするためには
うまくいかない原因となる、その「カット」に焦点を当て
解決する必要があります。
 
つまり
 
髪がまとまらない原因は"カット"
それを解決する方法も"カット"
 
となります。
 
 
 
なぜカットの仕方によって髪がまとまらなくなるのかは
これは様々な理由があるのですが、
今回は(前回のブログでちょうどそのお話が出たので)
その1つである、髪の「方向性」のご説明です⭐️
 
 
まずは前回のブログの画像をご一緒に見ていきたいと思います。
 
IMG_6299 400 三回目 ビフォー バック.jpg
 
 
こちらの画像は後頭部の真ん中あたりから
髪の毛が「折れながら曲がっています」

 
 
わかりやすいように絵(図)を書いてみました。

IMG_6299 400 三回目 ビフォー バック.jpg2016年11月27日22時09分49秒0001.jpg

                           黒い線:ヘアスタイルの輪郭(シルエット)
                     赤い線:髪の毛の方向性、流れ
                          (画像でわかりやすく曲がっている髪の毛束を抜粋)




IMG_6299 400 三回目 ビフォー バック.jpg2016年11月27日22時10分35秒0001.jpg
      
                                   先ほどの図に、しるしをつけました。
                                   緑の点  :  毛束が曲がり始める点
                                青い点線  :  緑の点(分岐点)をつなげた点線




 
この図からわかることは

赤い線はいびつにゆがんだり曲がっている
緑の点を境に赤い線が折れ曲がったりなど、変化量が多い
緑の点は、ほかの緑の点と同一線上に結ぶことができる

といった特徴があります。


ではなぜこのような状態になっているかというと、
様々な要因が重なり、起きているのですが、
その一つが、「添え木の有無」です。


下の図でご説明したいと思います。
 
2016年11月17日10時00分56秒0002_LI.jpg
黒い線 :添え木ならぬ「添え毛」 赤い線 :支えられている髪の毛     


    

髪の毛は
「一本だけでは方向性が付けられない」
という特性があります。

わかりやすくご説明しますと、
カットした髪の毛、もしくは抜けた髪の毛一本を
手で持ったことが一度はあると思いますが、

その髪の毛一本の端を手で持った場合
非常にふにゃふにゃと曲がったり、傾いたりして
様々な方向に動き、落ち着かないと思います。

そしてそれは長さによって
動きの変化量が異なります。

長ければ長いほど、たわみ(動き)は大きく、
短ければ短いほど、たわみ(動き)は小さくなります。

つまり髪の毛一本自体は

・重さがなく、とても軽い物質
・なので何らかの少しの負荷がかかるだけで簡単に動いてしまう。

そのような特徴があります。


そして先ほどの図にしるしをつけてみました。

2016年11月27日22時54分34秒0001 (2).jpg



黒い線 :添え木ならぬ「添え毛」
赤い線 :支えられている髪の毛              緑の点 :毛束が曲がり始める点
                              赤い点線矢印 緑の点を境に曲がる
                                        可能性のある方向(位置)



【方向性のある髪の特徴】                       【方向性のない髪の特徴】

・黒い添え毛に囲まれ、支えられることで            黒い添え木が途中でなくなり、
赤い髪の毛はとても安定した状態で、              赤い髪の毛は360度様々な方向へ
狙った方向へ進む。                         動く。とても不安定な状態。




ここでもう一度振り返って、
写真と図を合わせて見てみましょう☆

IMG_6299 400 三回目 ビフォー バック.jpg2016年11月30日17時03分10秒0001.jpg
                             
               上記の図に方向性のある・なしを示してみました。
              「緑の点=方向性ありとなしの分岐点」
          ということになります。
                             
             上記の図、向かって右側の赤い線3本の「方向性なし」の部分は
             下の図の①・②の方向へ曲がっているのがわかります。
             本来の方向はです。


2016年11月27日22時54分34秒0001 (2).jpg




【今回のまとめ】

添え木(添え毛)がない髪の毛は
非常に不安定で、まとまりにくく
普段はとても扱いにくくなります。

そして
「この方向性のない曲がりを
"くせ毛"と間違って認識してしまう場合が
とても多くあります。」

本当はくせのないきれいな髪の毛を
くせ毛と思ってしまい、

「いつもくせ毛でまとまらないから」
「くせがあるので、ストレートを・・」
「くせがあり広がるので、のばせず
ショートヘアばかり・・。」

しかし、
サロンへ行った日は
美容師さんがセット(ブローやコテ)で
きれいにしてくれるので、
「良くなった」
と感じますが、

一度洗うと、すべて取れてしまい、
次の日からはきっとうまくまとまりにくいことが
多いと思います。

まとまらない原因は
今回の「添え木の有無」だけではなく
その他の様々な要因が重なり
起きています。


その要因の中の一つが今回の
「添え木(添え毛)の有無」
となります。

ご参考までに、
「その他の様々な要因」とは
そのほとんどが、

"カット"

になります。


"是非一度カットを見直してみると"
今までうまくいかなかった髪も
意外と簡単に治すことができ、
悩み解決へつながることがとても多いです^^

長くなりましたが、読んでいただき
ありがとうございます☆

普段のヘアスタイルが快適になる
お役に立てれば幸いです♪


次回は、修復プログラムのつづきや
先ほどご説明しました、
「くせと勘違いしていた髪を
カットで治す症例」なども
ご紹介できればと思います(^^)

どうぞお楽しみに☆































 

「本来のきれいな髪を引き出す、修復プログラム 8」 相模原 美容室 nao.

こんにちは^^

それでは前回に引き続きお伝えしていきたいと思います☆
まずは前回の仕上がりがこちら。


IMG_2554.jpg
そして2か月後にご来店の時がこちら。

IMG_6299 400 三回目 ビフォー バック.jpg
いつも通り、朝シャワーで濡らし、手で乾かして、自転車でご来店時の状態です。


ここで前回のご来店時と今回ご来店時を比較してみましょう。(仕上がり時ではなく、来店されたときです:施術前)


野辺様 320 IMG_2545.jpgIMG_6299 400 三回目 ビフォー バック.jpg












前回ご来店時に比べると、パサつきが抑えられ、
収まりも改善されています。艶も少し出てきています。

根本的に痛んでいるところがカットにより取れてきて
地毛本来のきれいな髪が出てきました。

美容師さんが乾かしたのではなく
ご自分で乾かした状態でこの状態なのが
大きなポイントです^^

サロンでは美容師さんが仕上げてくれるので
なんとなくきれいになった気がしますが、
一度シャンプーしてしまうと、ご自宅ではなかなかうまくできないもの。
それでは意味がないので、
ご自分で乾かしてもサロンと同じように仕上がることが大切です♪
それも手で乾かす程度で。

美容師さんみたいに
片手でドライヤーをもって
片手でブラシを持って
ブローはなかなか難しく、とても非現実的だと思います。

お客様がご来店された際の状態が
「普段の状態」なので、それがきれいでまとまっている時が
初めてわたしが安心できる瞬間です(^^)


ここで「前回の仕上がり」と「今回来店時」を比較してみましょう。


IMG_2554.jpgIMG_6299 400 三回目 ビフォー バック.jpg

















シルエットは大きく崩れずに、そのまま下に下がっています。
まとまったまま伸びている証拠ですね^^

艶も似ています。


言い忘れていましたが、ちょうどこのころからホームケアも開始いたしました。
いつものシャンプーなどを変更し、2ヶ月ほど続けていましたので、その成果も出ているかと思われます。

現在の特徴としては(右の写真)つむじのあたりから後頭部の真ん中あたりまでは
比較的つやがあり、曲がりも少ないのですが、
そこから毛先までの髪の毛は、つやが弱く、いびつな曲がり方をしています。
特に右の髪が左へ屈折しながら急に曲がっています。

これは細かく説明すると長くなってしまうのですが、、、
簡単にご説明しますと、かみの毛自体に方向性がない状態です。
360度どこへでも曲がってしまう状態です。

是非次回のブログで
ご説明したいと思います☆


今回は少し状態も良くなり、伸びてきたので、
長さは少し残しつつ、落ちてきた重心を少し上に上げました。
今回は新たな技法でカットしてあります。
前回はそれができる状態ではなかったためできませんでしたが
ツーセクションという中と外をつなげない切り方で
カットしてあります。
そうすることで裾がより絞れ、出るところと、引っ込むところのメリハリが
より強調されます。
これは目の錯覚も利用する方法で、パーマをかけずにボリュームを出すこともできます。


それでは、今回のカットの仕上がりをどうぞ☆

IMG_6306.jpg裾が絞れたことで、その上の耳の高さの
「横に対する張り出しが引き立ちます」。
逆もまた然りで、横が張り出すことで、
裾が実際よりも、「絞れて見える」相乗効果が生まれます。

IMG_6308.jpg
後頭部の張り出しが出てきました。
立体的にもなってきました。
毛先の束感も太めに作っております。

IMG_6309.jpg
IMG_6310.jpg
IMG_6303.jpg
アップで撮影してみましたが、
毛質も良くなってきましたね^^


今回のご来店時(左画像)と、施術後(右画像)の比較です。
右の写真が少し暗くてすいません・・・(>_<)

IMG_6299 400 三回目 ビフォー バック.jpgIMG_6306.jpg

















IMG_6300 400 ビフォー サイドバック.jpgIMG_6308.jpg



















IMG_6301 400 三回目 ビフォーサイド.jpgIMG_6309.jpg



















曲がって流れていたものが、
人間に対して内巻きに向いています。

・まとまりがある
・寝癖がつきにくい
・自分でも簡単に手ぐし程度でセットできる
・カットしてから期間が経ってしまっても、まとまっている
・強風でどんなにあおられたりしても元に戻る
・朝から晩まで崩れない
・結んだ髪をほどいてもまとまる(後も付きにくい)

などなど・・

上記に上げた髪やスタイルは
すべてカットで決まりますが、
前や後ろに流すのも内巻きにするのも、
基本は人間自体に方向が向いていることがとても重要です。

・内に曲がりながら後ろに流れる
・内に曲がりながら前に流れる

どの角度(横・後ろ・上・下、その中間もすべて)から
見てもまとまって見えます。

その状態になっている髪やスタイルは、コントロールが容易になり、
普段が、とっても快適に過ごせます^^



今回はここまでです。
いつも書いていて文章が長くなってしまい
アップロードする際に、プレビューで確認するのですが、

長くて、疲れるな・・・・・(汗)


といつも思います・・(泣)

読んでくださっている方には
本当に感謝しております^^

髪のお悩み解決に少しでも役立っていれば幸いです♪

それではまた次回をお楽しみに☆


IMG_6308.jpg髪に関するお悩みやご質問等ございましたら
どうぞお気軽にお問い合わせくださいませ。
メール・お電話はこちらからどうぞ^^

tel:042-759-0091 (6:30~17:00)
メール:http://www.nao-hasami.com/inqfm/general/
またはこちら:naohasami@gmail.com
face book はこちら
https://www.fb.com/相模原-美容室-nao-503684459710627

【今回の施術内容】
メニュー:リラックスコース
      (nao.のカット・カラー・ヘッドスパ)
仕上げ方:手で乾かすだけ
使用シャンプー:nao.'s special serum shampoo 1
トリートメント:nao.'s special serum treatment 2
仕上げ前の保湿:nao.'s pure lotion 3
仕上げ前のオイル:nao.'s pure oil 4
ホームケア  :上記に同じ
完成度  :50%








「本来のきれいな髪を引き出す、修復プログラム 7」


こんばんは♪
最近は少し寒くなってきましたねsnow
皆様いかがお過ごしでしょうか。

急に寒くなってきたので
体調管理には気をつけたいものです(^^)



さて少し間が空いてしまいましたが、
前回のつづきをお伝えしていこうと思います(^^)

前回の記事はこちら☆
http://www.nao-hasami.com/blog/entry/post-14/


2ヶ月ほどが経ち、ご来店されたときの状態がこちらです。

IMG_2545.jpg
IMG_2548 640 2回目ビフォー 右サイド.jpgIMG_2547 640 2回目ビフォー 左サイド.jpg






















IMG_2551 640 2回目ビフォー バック 上から.jpgIMG_2552 640 2回目ビフォー めくったとっころ.jpg















       
                                                                                                            (中をめくった写真)

上の画像は、朝シャワーで濡らし寝癖をとって、ドライヤーで乾かして
ご来店されたときの画像です。
ご来店時は自転車です(10分程度)

カットの構成と毛質がしっかり整っている場合であれば、自転車で風に長時間さらされ乱れても
手ぐしを通せば元のきれいなスタイルへ簡単に戻ります。
今はおそらくご自宅で乾かした時点でも、写真のようにまとまっていないかと思われます。



前回のサロンでの仕上がりを横に並べて比べてみましょう。


(前回の仕上がり)                 (2か月後にご来店された時)        
IMG_1735.jpgのサムネイル画像IMG_2545 400.jpg










前回の仕上がりよりも、広がりパサつき等がとても目立ちます。
かろうじて残っているとすれば、シルエット(輪郭)ぐらいです。

前回のブログの最後に

『今回のこの仕上がりの状態で完成度5~10%くらいです。
(逆に言えば、これからあと90~95%も良くなるということですね♪)

ぱっと見は、なんとなく艶が出て綺麗に
見えるかもしれませんが
シャンプーとトリートメントなどの
ご自宅とは違う洗浄、処理成分や、
私(美容師)の乾かし方により
なんとなく綺麗に見えるかもしれませんが
実はまだまだ痛みはたくさん残っています。

  そしてご自宅では、手で乾かしただけで
サロンと同じ仕上がりにはなりません。
ブローしても(ブラシとドライヤーで伸ばしても)
その時はなんとなく、それらしくなるかもしれませんが
数分後にはシルエット等が崩れたり、
パサつきも出ると思います。』


とお伝えさせていただきましたが、
それが上記の状態になります(>_<)



それを踏まえたうえで、
今回もカットを進めていきたいと思います♪


今回は少し長さも伸び、量も増たので
前回カットできなかった場所や、使えなかった技術も
ありましたが、そのあたりが少しできそうです☆


お客様の要望としては、ある程度短くなっても大丈夫ということでしたので
それでもバランスを取りつつ進めていきました。

まだまだ中間から毛先にかけて量が少ないので、
深追いすると、立体的なシルエットがなくなり、顔の輪郭が目立ったり
少し寂しい感じになってしまうので、慎重に進めていきます☆


☆まずは仕上がりの状態です☆


IMG_2554 640 2回目 仕上がり バック.jpg
IMG_2555 640 2回目仕上がり バック(サイドから).jpg IMG_2556 640 2回目仕上がり 左サイド.jpgIMG_2558 2回目仕上がり 右サイド.jpg



















                           
IMG_2560 640 2回目仕上がり バック up 毛質.jpgIMG_2559 640 2回目仕上がり 毛質 接写.jpg             







     
 















少し短くなりましたが、シルエットに立体感がでてメリハリが出てきました。
毛質の変化がわかりやすいようにカメラを近づけて撮影しましたが
「ツヤ・ハリコシ」が前回よりも出てきました☆


前回の仕上がりと、今回の仕上がりの変化がわかるように
もう一度並べてみます。


            (前回)                            (今回)

                           
 IMG_1735.jpgのサムネイル画像IMG_2554 640 2回目 仕上がり バック.jpg



                                       






※わかりやすい違いは髪の「曲がり」です。
前回よりも今回の方が「毛の曲がり」が少くなり、
「強い曲がり」から「緩やかな曲がり」へ変化しています。

切り方により出てしまった、「痛み」や「本来は存在しない曲がり・うねり」が
取れて、地毛の本来の状態が出てきた感じです。


☆続きましてサイドです☆

(前回)                                      (今回)
IMG_1738.jpg IMG_2558 2回目仕上がり 右サイド.jpg
  

                                         














IMG_1737.jpgのサムネイル画像           IMG_2556 640 2回目仕上がり 左サイド.jpg






         



     











※わかりやすい違いは、「厚み(ボリューム)」です。
前回よりも今回の方が厚みが増しているのがわかります。
シルエットも「出るところは出て、締まるところは締まる」

ヘアスタイルはメリハリが出るとシンプルなスタイルでも
見違えるほど素敵に見えます(^^)

表面の凸凹も少なくなりました。
へこみが出てしまう原因は、
「へこんでいるところの下に髪の土台がないためです。」

前回のスタイルを見ると、耳の高さあたりの部分が
顔方向に向かってへこんでいますが、今回はその部分に土台ができたことで
その上にかぶさってくる髪の毛がへこまずに済みました。

よって今回のスタイルを見ると
へこまずにきれいにまとまっているのがわかるかと思います。


IMG_1736 (2).jpg  IMG_2555 640 2回目仕上がり バック(サイドから).jpg
















※写真が縦と横でわかりにくくて、ごめんなさい・・・(泣)

前回よりも少し短くなりましたが
うねりやカールが取れ、バック同様
「強い曲がり」から「緩やかな曲がり」へ変化しています。

一見、前回の方が華やかでボリュームがあってよさそうに見えますが
前回の状態は、当日限定の仕上がりで、一度洗ってしまえば
次の日からは、冒頭ご紹介しました今回のご来店いただいた
状態に戻ってしまい、毎日その状態になってしまいます・・・(>_<)

サロンの仕上がりが、毎日続くようにするためには
その痛んでいる髪の毛をカットして取る必要があります。
それが取れ、きれいな髪に戻ったところでパーマをかけてあげると
サロンの仕上がりが、毎日ご自分で簡単に再現できるようになります♪

「中をめくった写真」というのが冒頭にありますが
めくってみると髪の根元の方10cm程度はツヤがあり、きれいに見えて
毛先の方はつやがなくパサつきやハネているのが見えます。





IMG_2552 640 2回目ビフォー めくったとっころ.jpg

この根元から10センチの髪の毛にすべてが
入れ替わっていくと、見違えるほど、
きれいな髪が現れます(^^)


今回はカット二回目をお伝えいたしました♪

次回来店時は以前と違う変化が
見られます。どうぞお楽しみに(^^)


髪に関するお悩みやご質問等
ございましたらどうぞお気軽に
お問い合わせくださいませ♪

メール・お電話はこちらからどうぞ☆

tel  042-759-0091 (6:30~17:00)
メール http://www.nao-hasami.com/inqfm/general/ 
もしくはこちら:naohasami@gmail.com

face book  はこちら
https://www.facebook.com/相模原-美容室-nao







【今回行った施術内容はこちら】

メニュー        :  nao.のカット
使用シャンプー   :  nao.'s special serum shampoo 1
トリートメント  :  nao.'s  special serum treatment  2
仕上げ前の保湿  :  nao.'s  pure lotion  3
仕上げ前のオイル :  nao.'s  pure  oil  4
完成度      :  30%


















                                      



















1

« 2016年8月 | メインページ | アーカイブ | 2016年12月 »

このページのトップへ