HOME > ブログ > アーカイブ > 2020年11月

ブログ 2020年11月

「直線から曲線へ」②


前回に続き、nao.からのお知らせです。

nao.のホームページをスマートフォンでご覧いただく場合、

「スマートフォン用のサイトがあります。表示しますか?
キャンセル  OK 」

という上記の表示が出るかと思いますが
キャンセルを押していただくと「PCサイト」が表示されます。

PCサイト(パソコン用サイト)は
スマートフォンサイトと表示や内容が少し異なり
より多くの情報が掲載されております。(動画等)

スマートフォンサイトよりもPCサイトの方が見やすいかもしれませんので
(文字等は少し小さくなりますが、拡大してご覧いただく事もできます)
是非ご参考くださいませ。




それでは前回のつづきをお伝えしていきます。


前回の内容:http://www.nao-hasami.com/blog/entry/post-45/




施術方法は大きく分けて以下の3つです。

①痛みを取り除く
②まとまりやすい構造を作る
③髪の量を増やす



① 痛みを取り除く

髪の傷みは
ヘアスタイルを作るうえで
様々な妨げになるので、取り除いていきます。

傷んでいる部分をすべて取り除くのが目標ですが
中間部分から毛先にかけて20~25cm程度の傷みがあります。


一度で取り除く場合、
取り除くまでの期間は短くなりますが
ショートヘア気味になります。

今回のお客様は長さをあまり短くせずに
取り除いていくことをご希望されましたので
少しずつ進めてまいります。




②まとまりやすい構造を作る

まとまりにくい原因のひとつに
「直線」ということがあります。

通常、直線は曲がりにくいので
しなやかに何かへフィットする特性を持ちません。

短くなればなるほど顕著に現れます。
長くなればなるほど重さが発生するので
多少は湾曲してくれますが
根本的な解決とは異なります。


今回のお客様は、その直線が出ていますが
原因として、中間からの「そぎ」等が挙げられます。
同時に「いびつな髪の重なり」もその一つです。


一本の髪の毛は、
その周りの髪の毛に支えられて
方向性や曲がりが決定されます。

その支えが適切な配置でなければ
目的の方向へ動いてくれなかったり
本来は出ない動きが出てしまい、
それをくせ毛と認識してしまうこともあります。

そういった髪の曲がりを、
スタイルづくりの土台となる構成と合わせて考え、組み合わせる事で
まとまりのあるスタイルになるかと思います。



③髪の量を増やす

現在は、「髪を支える周りの髪」が少ない状態です。
添え木となる髪は必須なので
必要な分は増やしていきます。

髪の量を減らす際に、「髪をすいて減らす」方法がありますが
場合によっては方向性をなくしてしまうこともあります。

すいて減らす以外にも、構成や構成の組み合わせで
減らす方法がありますので
こちらも合わせて考えると良いと思います。



今回は上記の三つを考えながら
カットをさせていただきました。
丈の長さは変えずにスタイルだけを変更し、
現状でできることを施術させていただきました。



それでは仕上がりです。

カット ⇒ シャンプー ⇒ 手で乾かしただけの状態です。

わかりやすいように
自然に梳かしただけの状態にしてあります。


IMG_1013 - コピー (2).jpg
耳より下のあたりに重心を持ってきました。
そのあたり一帯にふくらみを出すことで
ハチのはりを抑えます。

そうすることで全体のシルエットがひし形になります。
ひし形は円を描くベースにもなります。

ひし形はかくかくしていて一見硬い印象があるかと思いますが
それはそれぞれの頂点を直線で結んだ場合で、
直線ではなく「曲線」でつなぎます。

点から点を曲線でつなぐことは
そのものの印象を大きく変えることができます。




IMG_1014 - コピー (2).jpgIMG_1015 - コピー (2).jpgIMG_1017 - コピー (2).jpg

柔らかな曲線が少し出てきました。
丸みを帯びることでやわらかな印象になります。

直線 / 硬そう、強そう、
曲線 / やわらかそう、やさしそう

直線と曲線は上記のような印象を与えることがあります。



そして後頭部の奥行も少し出てきました。
後頭部が、いわゆる「絶壁」になると
奥行がなくなり立体感が生まれにくくなります。
スタイルにメリハリや、適度なふくよかさを出すことで
印象も変わると思います。




IMG_1018 - コピー (2).jpg
本来ある艶も、少しですが戻ってきました。


IMG_1020 - コピー (2).jpg
内側をめくった部分です。

下の画像は、それよりも上の部分をめくった部分です。

IMG_1019 - コピー (2).jpg

根元の立ち上がりは変わらず
中間部分からの直線もまだまだですが
根元とから毛先までは
多少の一体感が出ました。


IMG_1021 - コピー (2).jpg
この角度から見ると、
「根元」と「中間から毛先」の動きの違いが
よく現れています。


こういった部分や、髪の傷み、
毛量がまだ足りない等々があり、
スタイルの安定としてはまだまだですが、
少しずつ修復していけたらと思います。



最後までお読みいただきありがとうございました。


次回は「添え木の役割」についてお伝えしていきたいと思います。






ビフォーアフターです。

IMG_1006 - コピー (2).jpg
IMG_1015 - コピー (2).jpg





「直線から曲線へ」②


【メニュー】:  nao.のカット  【価格】: 8,500円+tax

仕上げ方 : 手で乾かす程度です。
使用シャンプー : nao.'s  serum shampoo 1
 nao.s amino shampoo 1.5
トリートメント : nao.'s repair treatment 2.1
仕上げ前の保湿 : nao.'s pure lotion 3
仕上げ前のオイル : nao.'s pure oil 4


髪に関するお悩みやご質問等ございましたら
どうぞお気軽にお問い合わせください。
メール・お電話はこちらからどうぞ



nao.
〒252-0241 神奈川県相模原市中央区横山台2-14-1 フェアリービル1F
tel:042-759-0091 (6:30~17:00)
メール:http://www.nao-hasami.com/inqfm/general/(24時間)
またはこちら:naohasami@gmail.com
インスタグラムはこちら
(主に髪以外の事をご紹介しております。もしよろしければご覧くださいませ。)
https://www.instagram.com/nao.9126/



 

1

« 2020年10月 | メインページ | アーカイブ | 2020年12月 »

このページのトップへ