HOME > ブログ > アーカイブ > 髪の悩みのこと

ブログ 髪の悩みのこと

「髪がまとまらない理由 その2 方向性の改善」 髪の悩みをカットで治す美容室 nao.

前回は「髪の毛の方向性」のお話をさせていただきました☆
少しわかりにくいところがあったかもしれませんが、
いかがでしたでしょうか?

内容もそうなのですが、パソコンは少し苦手なので、
記事を書き、プレビューを見ると
画像がずれていたり、文章が変なところで改行されていたり等々、、、。

でも最近は大分慣れて、以前よりかはスムーズに
書けるようになりました♪

もし記事の中で、何か疑問に思ったりご質問等ございましたら、
お気軽にお問い合わせいただければと思います。


【ご質問はこちらから】
tel   042 759 0091
http://www.nao-hasami.com/inqfm/general/
(こちらはHPのシステム上、お名前が必要になりますが
下記のgmailからでしたら、お名前等は必要ありませんのでご活用ください)
naohasami@gmail.com




さて今回は、前回のつづきになりますが、
自分で読んでいて、
「あれ、?改善方法が書いてないな・・・・。」
と気づきました・・・・・・。

すいません、、、。


なので取り急ぎ、改善方法をお伝えします。

前回のこの図をご覧ください。

2016年11月30日17時03分10秒0001.jpg
上の図、向かって右から二番目の赤い線
                      ズームアップしたのが下の図の右です。
2016年12月01日08時30分15秒0001 (2).jpg
右の「方向性のない髪」の図にある
点線より下の赤い線(方向性なし)部分は
基本的に治ることがありません。

どんなに素晴らしいトリートメントなどを施しても
残念ながら治ることはありません・・・。

改善方法は、
赤い線自体に焦点を当てるのではなく
その周りの黒い線、添え木の部分に着目します。

黒い線、つまり添え木となる部分を伸ばして
赤い線をしっかり支えることが重要です。

しかしここで問題があります。


髪は根元から赤い線も、黒い線も同時に伸びていくので
赤い線に黒い線が追いつくことはありません。

上記の関係性は変わらないということになります。
 
なので改善方法としては

"赤い線はカットして
黒い線を伸ばしていく"


図にしてみると以下のような感じになります。

 
2016年12月02日18時01分08秒0001 (2).jpg
上記は「長さをあまり変えずに治していく場合」ですが
その場合、1か月で1cm伸びると仮定すると

①当日は2cmカット
②2ヶ月後に2cmカット
③4ヶ月後に2cmカット
④6ヶ月後に2cmカット

このようにカットしていきます。

①当日カットしたA点は
 2ヶ月後2cm伸びて隣のA点に来ます。

同じく②2か月後カットしたB点は
2ヶ月ご隣のB点に来ます。
その又となりのC点も同じようになります。
 
最後には④6ヶ月後の図のようになり、
支えが整い、赤い線がしっかりと固定されます。

長さを一気に短くしてもOK!という方は
一度に赤い部分を①当日にカットすれば
6ヶ月と長い期間がかからず、
その日のうちに治ることもあります。



ここで一つ、事例をご紹介いたします☆
下の画像をご覧ください。



 
IMG_7413 (2).jpg
IMG_7414 (2).jpg
IMG_7415.jpgIMG_7417.jpg
カット前ですが、うまく髪がまとまらない状態です。

パッと見た感じの印象は、

・くせ毛
・パサつき
・毛が多そう
・毛が硬そう
・ぼさぼさ

様々な印象を持たれると思います。
それでは次の画像をご覧ください。

IMG_7428 (2).jpgIMG_7430 (2).jpg
 
IMG_7427 (2).jpg























IMG_7426.jpg
 
カット後、手で乾かした状態です。

パッと見た感じの印象は

・くせがなくしなやかな髪
・艶がある
・まとまっている
・触ったらやわらかそう
・髪の量も適度に良い

こんな感じの印象を受けるかと思います。

カット前の印象と比べてみます
(カット前)     (カット後)
・くせ毛   ⇒   くせがなさそう
・パサつき  ⇒   つやがある
・毛が多そう ⇒   髪の量も適度
・毛が堅そう ⇒   触ったらやわらかそう
・ぼさぼさ  ⇒   まとまっている

カット前の印象と変わったのがわかると思います。

 
こちらのお客様の本当の髪は、
"くせがなく、とっても艶のあるしなやかな髪の毛で
とってもきれいな髪質だった"
ということがわかりました☆


カットの施術内容は以下の通りです。

 
※長さは、後ろ髪7~8cm  サイドも7~8cmほどカット
①ベースカットにて構造変更。ローグラデーション
 (おさまりが良くなるように、髪の重なりを丸く作り
  すべての土台をしっかりと作っていく)

②毛先の毛量調節をほんの少しだけ行う

③ベースカットで内巻きに曲げた髪を
 さらに曲げるべく、毛束の裏側(毛先1.5~3cmだけ)をカーブさせながらカットする。

④ハンドブローで仕上げ



※もちろん美容室で使うシャンプー・トリートメント
・仕上げ前トリートメント等を付けていますが、
やはり、ホームケアもとても大切です。

たんぱく質や、水分などをしっかり補給することも
きれいな髪を作る大切な要素になります。
特にシャンプーが大切で、
シャンプー = 髪を洗い、育てるものになります☆


 
もう一度画像で比較してみましょう。
 
IMG_7413 (2).jpgIMG_7427 (2).jpg























IMG_7414 (2).jpgIMG_7428 (2).jpg























しなやかで艶のある落ち着いたヘアスタイルになりました☆

スタイル自体はいたってシンプルで
髪の色も決して明るくなく、
派手さなどもありません。

しかし、そのようなシンプルなスタイルでも
艶のある髪・まとまりの良さ・髪の方向性などが
整っているだけで、人に与える印象は変化すると思います。


髪を悪くしてしまう原因の大半は、"カット"ですが
髪をきれいにする方法の大半も、"カット"です。

スタイルもシンプルですが
改善方法もシンプルですね(^^)♪


次回はまたいくつかの症例を
ご紹介していきたいと思います。

長文になりましたが、最後までご覧いただき
ありがとうございました☆
髪のお悩み解決に少しでもお役に立てれば幸いです☆




IMG_7430 (2).jpg

髪に関するお悩みやご質問等ございましたら
どうぞお気軽にお問い合わせくださいませ。
メール・お電話はこちらからどうぞ。

tel:042-759-0091 (6:30~17:00)
メール:http://www.nao-hasami.com/inqfm/general/
またはこちら:naohasami@gmail.com
face book はこちら
https://www.fb.com/相模原-美容室-nao-503684459710627

【今回の施術内容】
メニュー  : nao.のカット
仕上げ方 : 手で乾かすだけ
使用シャンプー:nao.'s serum shampoo 1
トリートメント:nao.'s serum treatment 2
仕上げ前の保湿:nao.'s pure lotion 3
仕上げ前のオイル:nao.'s pure oil 4
ホームケア  :上記に同じ
完成度  :70%








「髪がまとまらない理由 その1 髪の毛の方向性」 相模原 美容室 nao.

今日は「髪がまとまらない理由 その1 方向性」を
お伝えしていこうと思います。
 
前回のブログで少しご説明しましたが、
(前回のブログhttp://www.nao-hasami.com/blog/entry/nao/)
「髪の毛自体に方向性がない状態は
360度どこへでも曲がってしまう」という
お話をさせていただきました。
 
 
髪がまとまらない理由の1つとして
真っ先に挙げられるのが「カット」です。
大半は「カット」により引き起こされていることが多いためです。
 
原因がカットなので、髪がまとまるようにするためには
うまくいかない原因となる、その「カット」に焦点を当て
解決する必要があります。
 
つまり
 
髪がまとまらない原因は"カット"
それを解決する方法も"カット"
 
となります。
 
 
 
なぜカットの仕方によって髪がまとまらなくなるのかは
これは様々な理由があるのですが、
今回は(前回のブログでちょうどそのお話が出たので)
その1つである、髪の「方向性」のご説明です⭐️
 
 
まずは前回のブログの画像をご一緒に見ていきたいと思います。
 
IMG_6299 400 三回目 ビフォー バック.jpg
 
 
こちらの画像は後頭部の真ん中あたりから
髪の毛が「折れながら曲がっています」

 
 
わかりやすいように絵(図)を書いてみました。

IMG_6299 400 三回目 ビフォー バック.jpg2016年11月27日22時09分49秒0001.jpg

                           黒い線:ヘアスタイルの輪郭(シルエット)
                     赤い線:髪の毛の方向性、流れ
                          (画像でわかりやすく曲がっている髪の毛束を抜粋)




IMG_6299 400 三回目 ビフォー バック.jpg2016年11月27日22時10分35秒0001.jpg
      
                                   先ほどの図に、しるしをつけました。
                                   緑の点  :  毛束が曲がり始める点
                                青い点線  :  緑の点(分岐点)をつなげた点線




 
この図からわかることは

赤い線はいびつにゆがんだり曲がっている
緑の点を境に赤い線が折れ曲がったりなど、変化量が多い
緑の点は、ほかの緑の点と同一線上に結ぶことができる

といった特徴があります。


ではなぜこのような状態になっているかというと、
様々な要因が重なり、起きているのですが、
その一つが、「添え木の有無」です。


下の図でご説明したいと思います。
 
2016年11月17日10時00分56秒0002_LI.jpg
黒い線 :添え木ならぬ「添え毛」 赤い線 :支えられている髪の毛     


    

髪の毛は
「一本だけでは方向性が付けられない」
という特性があります。

わかりやすくご説明しますと、
カットした髪の毛、もしくは抜けた髪の毛一本を
手で持ったことが一度はあると思いますが、

その髪の毛一本の端を手で持った場合
非常にふにゃふにゃと曲がったり、傾いたりして
様々な方向に動き、落ち着かないと思います。

そしてそれは長さによって
動きの変化量が異なります。

長ければ長いほど、たわみ(動き)は大きく、
短ければ短いほど、たわみ(動き)は小さくなります。

つまり髪の毛一本自体は

・重さがなく、とても軽い物質
・なので何らかの少しの負荷がかかるだけで簡単に動いてしまう。

そのような特徴があります。


そして先ほどの図にしるしをつけてみました。

2016年11月27日22時54分34秒0001 (2).jpg



黒い線 :添え木ならぬ「添え毛」
赤い線 :支えられている髪の毛              緑の点 :毛束が曲がり始める点
                              赤い点線矢印 緑の点を境に曲がる
                                        可能性のある方向(位置)



【方向性のある髪の特徴】                       【方向性のない髪の特徴】

・黒い添え毛に囲まれ、支えられることで            黒い添え木が途中でなくなり、
赤い髪の毛はとても安定した状態で、              赤い髪の毛は360度様々な方向へ
狙った方向へ進む。                         動く。とても不安定な状態。




ここでもう一度振り返って、
写真と図を合わせて見てみましょう☆

IMG_6299 400 三回目 ビフォー バック.jpg2016年11月30日17時03分10秒0001.jpg
                             
               上記の図に方向性のある・なしを示してみました。
              「緑の点=方向性ありとなしの分岐点」
          ということになります。
                             
             上記の図、向かって右側の赤い線3本の「方向性なし」の部分は
             下の図の①・②の方向へ曲がっているのがわかります。
             本来の方向はです。


2016年11月27日22時54分34秒0001 (2).jpg




【今回のまとめ】

添え木(添え毛)がない髪の毛は
非常に不安定で、まとまりにくく
普段はとても扱いにくくなります。

そして
「この方向性のない曲がりを
"くせ毛"と間違って認識してしまう場合が
とても多くあります。」

本当はくせのないきれいな髪の毛を
くせ毛と思ってしまい、

「いつもくせ毛でまとまらないから」
「くせがあるので、ストレートを・・」
「くせがあり広がるので、のばせず
ショートヘアばかり・・。」

しかし、
サロンへ行った日は
美容師さんがセット(ブローやコテ)で
きれいにしてくれるので、
「良くなった」
と感じますが、

一度洗うと、すべて取れてしまい、
次の日からはきっとうまくまとまりにくいことが
多いと思います。

まとまらない原因は
今回の「添え木の有無」だけではなく
その他の様々な要因が重なり
起きています。


その要因の中の一つが今回の
「添え木(添え毛)の有無」
となります。

ご参考までに、
「その他の様々な要因」とは
そのほとんどが、

"カット"

になります。


"是非一度カットを見直してみると"
今までうまくいかなかった髪も
意外と簡単に治すことができ、
悩み解決へつながることがとても多いです^^

長くなりましたが、読んでいただき
ありがとうございます☆

普段のヘアスタイルが快適になる
お役に立てれば幸いです♪


次回は、修復プログラムのつづきや
先ほどご説明しました、
「くせと勘違いしていた髪を
カットで治す症例」なども
ご紹介できればと思います(^^)

どうぞお楽しみに☆































 

1

« お知らせ | メインページ | アーカイブ

このページのトップへ